医療法人社団幸信会では、診療所、老人保健施設(ウエル青葉)・青葉病院と各施設が隣りあって機能別に配置されています。

  • 外来診療 青葉メディカル
  • 介護老人保健施設 ウェル青葉
  • 療養病床 青葉病院
病院機能評価

設備機器

アイコン電子カルテ

電子カルテ

◆ 患者様へのサービスの向上

  • 会計待ち時間の短縮。
  • 過去の患者情報がすぐに表示できる。
  • 患者様の待ち情報をリアルタイムで把握できる。

◆ 医療の質の向上

  • 医療者にも情報が共有でき患者様にとって分かりやすい治療が可能になります。

◆ 医療の安全性の向上

  • 患者様の基本情報(禁忌・アレルギー等)の確認を的確に行うことができる。

◆ 心電図等の周辺機器との連携ができる

電子カルテ:ユヤマ

アイコン最新医療機器のご紹介

CRシステムを導入

CR

当院は画像診断ワークステーションを採用して
X線フイルムのデジタル化を実施しました

手間いらず、処理剤いらず
暗室不要で、快適で効率的な撮影環境を実現しています。
豊かな拡張性
周辺機器や電子カルテとの連携により画像診断の可能性を大きく広げます。
常に良好な画像
デジタルで診断しやすく高品位な画像を安定して撮影できます。

東芝16列マルチスライスCT Activion16

東芝16列マルチスライスCT

0.5mmの高精細データ収集が可能で、全肺野を10秒以下で高速撮影できるなど、従来よりも検査時間が大幅に短縮されました。
しかも低被曝の取組みが施され、頭部や胸部・腹部の断層像が鮮明に撮れます。
またMPR機能を使った骨折部位や脊椎などの任意の断面作成と3D機能の画像処理で脳血管の立体的な表示ができ診断機能が大きく向上しました。

FUJIFILM 消化器内視鏡システム『LASEREO』(胃カメラ)

FUJIFILM 消化器内視鏡システム『LASEREO』(胃カメラ)

富士フィルム社製のレーザー光源を用いた最新の内視鏡システム『LASEREO』(レザリオ)を導入しています。
2種類のレーザー光を観察目的に応じて自在にコントロールし、独自の画像処理技術と組み合わせることで、早期がんの特徴である微細な粘膜表面構造や微細血管などの変化を観察することができ、病変の早期発見に貢献します。 当院では、内視鏡を鼻から挿入する経鼻内視鏡で検査させて頂いております。

電子走査超音波診断装置 東芝Nemio MX

電子走査超音波診断装置 東芝Nemio MX

患者さんに負担をかけない超音波の透過と反射を利用して各臓器の任意の断層像をリアルタイムに描出できます。特にカラードップラー法により血流量や血流方向が測定できることから心機能検査や頚動脈の動脈硬化の程度を評価することが可能です。

医療法人社団幸信会では、これらの特徴をより良い医療の実現のために役立てています。

青葉メディカル

医療法人社団 幸信会
青葉メディカル

〒527-0039
滋賀県東近江市青葉町1-46

TEL:0748-22-5000
FAX:0748-23-6606

採用情報 看護職員・介護職員

医療法人幸信会についてのお問い合わせはこちらをクリック