医療法人社団幸信会では、診療所、老人保健施設(ウエル青葉)・青葉病院と各施設が隣りあって機能別に配置されています。

  • 外来診療 青葉メディカル
  • 介護老人保健施設 ウェル青葉
  • 療養病床 青葉病院
病院機能評価

職場風土改革推進事業への取り組みについて

仕事と家庭が両立しやすい職場環境づくりに向けて
平成21年6月(財)21世紀職業財団から
「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受けました。
職場風土改革推進事業への取り組みについて

「仕事と家庭の両立支援事業に向けて」両立支援宣言

仕事と家庭が両立しやすい職場環境づくりに向けて、平成21年6月(財)21世紀職業財団から「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受けました。
これにより、当院は仕事と家庭の両立を支援するための環境の整備を図っていくとともに、職場風土改革に取り組んで行きます。

1. 基本方針

職場で仕事と子育てを両立しながら働ける環境整備を行ない、それに伴う制度や仕組みの改革に取り組んで行く。

2. 計画期間

初年度 2009年7月1日から2010年3月31日

3. 実施計画と内容

(1)職場風土改革事業の取り組みについて事業主を代表する者による内外への公表
目標 :
院内外へ職場風土改革促進事業の取り組みについての周知をする。
初年度:
仕事と家庭の両立支援企業宣言をホームページや院内ディスプレイに掲載する。また従業員全員に周知するため管理会議等で法人内に公表する。

(2)管理職層への研修
目標:
管理職の両立支援制度に対する意識を高めるため、管理職会議にてパンフレット等を用いて仕事と家庭の両立支援の研修を行ない、意見交換のあと職場づくりの問題点を把握する。
初年度:
管理職研修で両立支援についての勉強会を実施し自己診断チェックも参考にして両立支援制度の理解を深める。

(3)両立支援制度の労働者への周知徹底
目標:
管理職会議で全従業員に両立支援制度に関する周知徹底を図る。
初年度:
啓発ポスターを掲示する。

(4)勤務体制や、仕事の進め方の見直し
目標:
妊娠・出産・育児・介護等が生じた場合の休業のとり方や復職した後の仕事の進め方等において更に制度の利用を容易にする。
初年度:
育児・介護休業の相談窓口を設置する。

(5)評価制度の確立
目標:
育児・介護休業期間中の昇給、賞与、退職金算定方法等の 評価方法を明文化する。
初年度:
昇給や退職金清算時の勤続年数のカウント及び賞与の算定における育児・介護休業期間中の取り扱いを新たに就業規則に規定し周知する。

医療法人社団  幸信会
理事長  山口 信一郎

「職場風土改革促進事業の取組み」について

医療法人社団 幸信会は、平成21年6月、財団法人21世紀職業財団滋賀事務所長より 「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受け本年は、2年目の取り組みになります。
働く従業員のライフスタイルの多様化や共働き家庭の増加などを背景として、男性従業員も育児参加できる職場づくりが求められるようになりました。
当法人においても、環境を整備して、両立支援制度を気兼ねなく利用できるよう職場風土改革促進に取り組んでまいります。

【今年度の取組み内容】

  • 従業員の育児参加についてアンケート等を行ないニーズを把握します。
  • 平成22年度の職場風土改革促進事業の取組みについて、事業主を代表する者による院内外へ公表をします。
    ( 当法人のホームページや院内新聞に掲載 )
  • 両立支援制度についての理解を高めるため、管理職の皆さんへの研修を実施します。
    ( 男性の育児参加するワークライフバランスについて )
  • 当法人の両立支援制度について従業員の皆さんに周知を図ります。
  • ノー残業デイ運動を推進します。
  • 男性従業員の育児参加を応援するため育児参加計画書の作成を推奨します。

平成22年5月1日
医療法人社団 幸信会
理事長 山口信一郎

採用情報 看護職員・介護職員

医療法人幸信会についてのお問い合わせはこちらをクリック